行政 |  2017.5.26

国交省、不動産テックの拡大に向け本腰

不動産ビッグデータの活用促進へ 地価・不動産取引の非公開情報をオープンデータ化

国土交通省は生産性の向上や新サービスの創出を目指し、不動産分野へのIT、IoTの導入促進に本腰を入れて取り組む。この一環として、国が保有する不動産ビッグデータのオープンデータ化を強化するとともに、事業者がサービスに活用しやすくする。これにより、既存住宅流通市場の活発化などを図っていきたい考えだ。

全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?

無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目