2017.1.27

ハウジング・トリビューン Vol.529(2017年2号)

シンクタンクに聞く どうなる 2017年の住宅マーケット

2016年は景気の穏やかな回復が見られた。企業収益の拡大に伴い雇用・所得環境も改善に向かい、住宅需要も堅調に推移した。予定されていた消費税の引き上げが先送りされ、駆け込み需要は発生しなかったものの、1月に日本銀行が金融政策史上初めてマイナス金利を導入。住宅ローン金利が低下し、住宅取得にとって好環境が続いた。とくに賃貸住宅は、相続税対策として土地オーナーの関心が高く、年間を通して高水準を維持。新築市場を牽引した。

2017年も低金利が継続すれば、住宅取得にとって引き続き好環境が続きそうだ。その一方で、低金利の慢性化や消費税引き上げが延期されたことで、消費者の住宅取得へのモチベーションが高まらず、商談が長期化する傾向も見られ、先行き不透明は不透明だ。さらに、米国のトランプ政権の発足や英国のEU離脱など、グローバル経済においては不安要素もある。

果たして2017年はどのような年になるのだろうか。住宅市場はどのように変わっていくのだろうか。

住宅市場の今後の行方について、シンクタンクに話を聞いた。

ハウジング・トリビューン Vol.529(2017年2号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 Yahoo!ストアで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼS EYES

もう我慢しないでください
すでにあるものを生かす開発

シンクタンクに聞く
どうなる2017年の住宅マーケット

TOPICS&NEWS

プレミアム既存住宅登録制度の検討がスタート
国交省、改正宅建業法の内容をとりまとめ
EUとの経済連携協定交渉が大詰め 構造用集成材の関税撤廃が濃厚
国交省、市街化調整区域で空き家活用しやすく規制を緩和
パナソニックがパナホームを完全子会社化

2017年度関係省庁予算
新・住宅セーフティネット、空き家活用、子育て世帯の住宅支援、エコ賃貸など
注目の住宅施策の内容が明らかに

かっこいい窓 2017 断熱性+デザイン性で上質な住まいを演出

朝日ウッドテック 無垢材挽き板フロアに「ラスティック」を追加

連載

ハウジング・ラボ 物林「SOLTS(ソルツ)」

PICK UP

ミサワホーム・ミサワホーム総合研究所 IoTを活用した生活提案の実現へ ワークショップを開催

INTERVIEW

エイブル&パートナーズグループ オアシス 代表取締役社長 筒井敏孝 氏
高級賃貸仲介で新会社 単なる仲介でなく生活サービスで付加価値

CLOSE UP

旭化成ホームズ 東京・新宿に体験型施設を開設

(一財)家電製品協会 スマートマスター資格、年間1万人の取得を目指し、建設業界との連携を強化

FLASH

中央住宅 千葉県船橋市で四季をテーマにした分譲住宅
YKK AP アルミ並みの価格帯を実現したアルミ樹脂複合窓を提案
旭化成建材 最高水準の性能を発揮するフェノールフォーム断熱材を開発
リビタ 入居後の再リノベーションをサポートするサービスを提供
塩ビ工業・環境協会 塩ビシート製防煙垂れ壁の安全性を訴求

Channeling Data

読売広告社「読広生活者調査CANVASS タワーマンション居住者分析レポート」