BOOK |  2020.9.11

山崎福寿、中川雅之「経済学で考える 人口減少時代の住宅土地問題」

日本では「少子高齢化」「人口減少」「都市部への人口集中」といった問題が長らく社会的な課題とされている。また、大規模な自然災害やパンデミックの経験を通じて、将来への備えも求められている。こうした課題は、私たちが住む住宅や街のあり方とも不可分に結びついている。本書は、人口減少時代における住宅や土地について、読者に卑近な問題を取り上げつつ、経済学や行動経済学の知見を用いて答えていく。

経済学で考える 人口減少時代の住宅土地問題
著者:山崎福寿、中川雅之
価格:3630円(消費税込)
発行:東洋経済新報社

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

オピニオン |  2018.12.7

所有者不明土地問題と住まい【後編】

東京財団政策研究所研究員兼政策オフィサー 吉原祥子

オピニオン |  2018.11.22

所有者不明土地問題と住まい【前編】

東京財団政策研究所研究員兼政策オフィサー 吉原祥子