脱炭素社会の実現へ 国産材活用の『わ』をつなぐ

森林パートナーズ株式会社 小柳雄平 取締役社長

ウッドショックなどの影響もあり国産材活用の機運が高まったにも関わらず、「なかなか国産材を調達できない」という状況も浮き彫りになっています。 果たして、国産材のサプライチェーンをつないでいくためには、どのような取り組みを進めていくべきなのでしょうか―。 第76回のスマカチ・シンポジオでは、以前から国産材のサプライチェーンの構築に取り組み、理想的な森と建築の関係を築くことに成功している森林パートナーズ株式会社の小柳雄平取締役社長を講師に迎え、「脱炭素社会の実現へ 国産材活用の『わ』をつなぐ」と題して開催します。


この記事はプレミアム会員限定記事です。
プレミアム会員になると続きをお読みいただけます。

アカウントをお持ちの方

ご登録いただいた文字列と異なったパスワードが連続で入力された場合、一定時間ログインやご登録の操作ができなくなります。時間をおいて再度お試しください。