脱炭素やSDGsなど社会貢献を通じて利益を得る企業に

伊藤忠建材 関野博司 代表取締役社長

建材専門商社のパイオニアとして、2021年7月に60周年を迎えた伊藤忠建材。17年にわたり陣頭指揮をとってきた柴田敏晶前社長(現代表取締役会長)からのバトンを受け、2022年4月に関野博司氏が新社長に就任した。新しいトップのもと、次の10年を見据え、どういった動きを見せようとしているのか―。


この記事はプレミアム会員限定記事です。
プレミアム会員になると続きをお読みいただけます。

アカウントをお持ちの方

ご登録いただいた文字列と異なったパスワードが連続で入力された場合、一定時間ログインやご登録の操作ができなくなります。時間をおいて再度お試しください。