【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2020.8.12

7月の住宅事業者の受注、明暗分かれる兆候も

主な住宅事業者各社の2020年7月に受注速報が明らかになってきた。ヒノキヤグループやヤマダホームズなどの好調さが目立っており、厳しい市場環境の中でも明暗が分かれつつあるようだ。

2020年7月 住宅事業者の受注速報値

社  名対前年同月比
積水ハウス全体87.0%
戸建住宅85.0%
賃貸住宅(RC造除く)90.0%
分譲住宅事業96.0%
マンション事業59.0%
リフォーム事業102.0%
大和ハウス工業戸建住宅82.0%
分譲住宅104.0%
集合住宅101.0%
マンション56.0%
旭化成ホームズ請負住宅86.0%
住友林業合計100.0%
戸建注文住宅104.0%
賃貸住宅93.0%
リフォーム85.0%
ミサワホーム合計84.0%
注文住宅98.0%
建売分譲住宅68.0%
賃貸住宅56.0%
リフォーム97.0%
ヒノキヤグループ注文住宅129.5%
ヤマダホームズ戸建注文住宅137.1%
日本ハウスHD戸建(分譲土地含まず)91.0%
土屋ホールディングス戸建住宅103.0%
リフォーム82.0%
速報の数値であり、確定値とは異な場合がります。 一部を除き金額ベースでの数字。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事