建材 |  2020.7.31

KUMINO BRICK、応援購入サービスで先行予約販売開始

積み木感覚で組み合わせる耐火レンガ

レンガ製品の製造、販売などを手掛けるKUMINO BRICK(愛知県稲沢市、林真一郎社長)は、自由自在に組み合わせを楽しむ耐火レンガ「KUMINO BRICK」を開発、応援購入サービス「Makuake」にて、2020年7月31日(金)より先行予約販売を開始した。

KUMINO BRICK

KUMINO BRICKの林社長は焼却炉やボイラー、陶器窯など耐火物工事などの事業を展開するハヤシチクロを経営している。仕事上、耐火レンガを扱っており、その魅力を多くの人に知ってもらい気軽に使ってほしいと考えていたところ、木組みの積み木「KUMINO」を展開するクミノ工房(滋賀県近江市、井上慎也代表)との「レンガでKUMINOができないか」という話をきっかけに開発に取り組み「KUMINO BRICK」が誕生した。

「KUMINO BRICK」は、30×30×180㎜の長方形で2つ凹形の溝が切ってあり、複数のブロック同士を溝で組み合わせることで、積み木感覚で自由な造形が可能となる。また、粘土など自然素材のレンガであり、耐火・耐水・耐久性に優れているため、室内でインテリアとして、屋外でアウトドアアイテム、DIY用品として、また、建材としてもエクステリア資材や内外装材など様々な用途で使用できる。

今回、応援購入サービス「Makuake」にて全4種類(4本セット·9本セット·9本セット(限定カラー)·32本セット)の「KUMINO BRICK」を先行予約販売する。2020年8月中旬以降から順次発送を予定している。

プロジェクト期間は2020年9月29日まで。

詳細は下記プロジェクトページにて。
https://www.makuake.com/project/kuminobrick/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.603(2020年14号)

特集:

受注力向上、働き方改革、脱・展示場も

コロナ禍のなか、オンラインでの集客・接客の提案が活発化、もはや住宅・不動産業界でも取り組みは必須となりつつあり、多くの事業者が提案に力を入れている。

VRやウェビナー、オンライン展示場など、様々な提案が活況で、これらをうまく使うことで受注力アップに結びつけ、過去最高の業績を上げる事業者も出てきた。

オンライン集客・接客は新型コロナウイルス感染症対策だけでなく、場所に縛られないことで、「遠方でも気軽に住宅を検討できる」「子どもがいても家で検討できる」などの利点で顧客満足度の向上が期待でき、営業の効率化で働き改革にも貢献するなど様々なメリットがあることに加え、展示場を主軸とした従来の住宅営業のかたちを変える可能性もある

目次を見る