お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

オンライン商談、何から始めていいか分からない… その悩みを最短即日で解決するオールインワンツール

株式会社SHO-SAN「HIKARI」

オンライン商談をはじめたいが、何から手をつければいいのか分からない…。こうした悩みを抱える住宅会社も多いはず。これを解決するのが、SHO-SAN(東京都国分寺市、高谷一起社長)のHIKARIだ。

SHO-SANでは、全国の工務店を対象としたマーケティング支援を展開しており、集客・営業・商品力の強化といった分野で多くのノウハウを持っている。こうしたノウハウを活用して開発したHIKARIは、新型コロナウイルスの影響を考慮し、工務店のオンライン商談を支援するツールとしていち早くリリースしたもの。

オンライン商談のために必要となる集客のためのツールや予約申し込みを受け付けるためのWebページ(ランディングページ)、オンライン商談を行うためのツールなどをパッケージとして提供する。

集客のためのツールとしては、告知のためのチラシやWEB広告バナー、告知メールなどのフォーマットを用意。予約の申し込みを行うページも用意しているので、自社で申し込みフォームなどを構築する必要もない。

予約を受け付けた際に送るメールや事前のニーズ把握のための簡易アンケート、さらにはオンライン上で顧客と共有できるパワーポイントの提案資料のフォーマットも準備している。

工務店の中には、Zoomなど資料共有機能で使える提案資料さえない場合もある。そこで、既存のパンフレットやカタログなどを活用して、パワーポイントの提案資料を簡単に作成できるようにした。

さらには、運用改善のためのコンサルティングなどにも応じるほか、ZoomやWhereby(ウェアバイ)などのオンラインミーティングのためのツールの使い方が分かるマニュアルも提供する。

これらのツールを最短で即日納品することが可能で、その日からオンライン商談を導入することも可能だ。

同社では、HIKARIを導入した工務店に対して、要望に応じてさらに踏み込んだマーケティングコンサルティングにも別途対応していく方針だ。

つまり、HIKARIを導入することで、すぐにオンライン商談の第一歩を踏み出すことができ、さらにはその後のコンサルティングサービスなどもあわせて活用することでゴール(受注獲得)までの戦略を構築することもできるというわけだ。

SHO-SANでは、地域工務店のマーケティング戦略をバックアップする多様なサービスを用意している。

SHO-SANの高谷社長は、「地域で活躍する工務店、ビルダーの方々は非常に素晴らしい家づくりを実践しています。オンライン商談なども活用したマーケティング戦略を取り入れることで、その家づくりの素晴らしさを広くお客さまに伝えていくことができるはずです」と語る。

SHO-SAN 高谷社長
「地域の工務店、ビルダーの方々は素晴らしい家づくりを実践している」と語るSHO-SANの高谷社長。

アフターコロナに向けて、オンラインによる集約、商談、さらにはクロージングに至るまでの新たな戦略が求められているだけに、ツール提供だけに留まらない同社のサービスに注目が集まりそうだ。


【お問い合わせ先】

株式会社 SHO-SAN
〒185-0011 東京都国分寺市本多5-26-40
メール:info@sho-san-mk.com
http://sho-san-mk.com/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事