【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

5月の住宅事業者の受注、新型コロナで厳しさ増す

住宅事業者各社の2020年5月に受注速報が明らかになってきた。軒並み前年度同月の実績を下回っており、新型コロナウイルス感染症の影響により、厳しさがさらに増してきている。

2020年5月 住宅事業者の受注速報値

社  名対前年同月比
積水ハウス全体72.0%
戸建住宅81.0%
賃貸住宅(RC造除く)76.0%
分譲住宅事業59.0%
マンション事業26.0%
リフォーム事業75.0%
大和ハウス工業戸建住宅74.0%
分譲住宅73.0%
集合住宅61.0%
マンション20.0%
旭化成ホームズ請負住宅34.0%
住友林業合計71.0%
戸建注文住宅76.0%
賃貸住宅92.0%
リフォーム45.0%
ミサワホーム合計79.0%
注文住宅74.0%
建売分譲住宅50.0%
賃貸住宅125.0%
リフォーム83.0%
パナソニックホームズ合計44.0%
戸建住宅51.0%
集合住宅39.0%
分譲住宅30.0%
マンション56.0%
積水化学工業住宅(棟数)73.0%
ヤマダホームズ戸建注文住宅95.8%
ヒノキヤグループ注文住宅80.5%
日本ハウスHD戸建(分譲土地含まず)44.0%
速報の数値であり、確定値とは異な場合がります。 一部を除き金額ベースでの数字。

関連記事