お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

厚労省、家賃補助制度で求職要件を緩和

緊急小口資金等の特例貸付 労働金庫でも申込み受付け

厚生労働省は、4月20日から対象を拡大している住居確保給付金について、求職要件を緩和する方針だ。また、緊急小口資金等の特例貸付について、全国の労働金庫でも申込みを受け付ける。


住居確保給付金は、離職や廃業などによって住居を失う恐れがある人を対象として、給付金によって家賃を支援しようという制度だ。4月20日からは給付対象に新型コロナウイルスなど影響によって、所得などが大幅に減少し、家賃の支払いが困難になった人を給付対象に追加した。

厚生労働省
「生活を守る」プロジェクトチームを発足させた厚生労働省

ただし、求職活動を行っていることが給付の要件になっており、緊急事態宣言下で求職活動を行うことが難しい人にとっては、この制度を活用し難い面もあった。そこで、厚生労働省では、求職活動に関する要件を緩和する。これによって、新型コロナウイルスの影響で休業状態にある人やハローワークへの求職申込みを行っていない人でも給付の対象となる見込みだ(給付には資産や収入の要件あり。詳細はこちらを参照)。

一方、同省では個人向け緊急小口資金等の特例貸付について、全国の社会福祉協議会で申込みを受け付けていたが、貸付業務の迅速化を図るために、全国の労働金庫での受付けを4月30日から開始する。

この特例貸付は、新型コロナウイルスの影響で一時的に資金が必要になった人に無利子で貸付を行うもの。学校等の休業、個人事業主等の場合は20万円以内、その他の場合は10万円以内で貸付を行う。

なお、厚生労働省では「『生活を守る』プロジェクトチーム」を発足させ、4月21日に第一回目の会合を実施しており、生活を守るための各種施策の周知や生活上の課題把握と対応などを図っていく方針だ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

2020.6.12

ポスト新型コロナ

変わる住まい・変わる住宅産業