お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

厚労省 新型コロナの影響を受け住居確保給付金の対象拡大

4月20日から3カ月間の家賃を支援

厚生労働省は、4月20日から住居確保給付金の対象を拡大し、新型コロナウイルスの影響で家賃が支払えなくなった居住者の支援に乗り出す。要件を満たせば、原則3カ月にわたり家賃の支援を受けられる。


住居確保給付金とは、生活困窮者自立支援法に基づく制度で、離職や廃業などによって住居を失う恐れがある人を対象として、給付金によって家賃を支援しようというもの。

給付金の支給対象は、離職・廃業後2年以内の人だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて、4月20日から対象が拡大される。具体的には、「給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職・廃業と同程度の状況にある者」という要件が加えられたのだ。つまり。新型コロナウイルスなど影響によって、所得が大幅に減少した場合でも、給付の対象になる。

集合住宅の廊下
新型コロナウイルスの影響で収入が大幅に減少した世帯の家賃支援も(写真はイメージ)

収入要件については、世帯収入合計額が市町村民税均等割が非課税となる収入額の1/12+家賃(住宅扶助特別基準額が上限)を超えないこと。東京都特別区の目安では、単身世帯が13.8万円、2人世帯が19.4万円、3人世帯で24.1万円という世帯収入以下であれば要件を満たすことになる。

資産要件もあり、東京都特別区であれば世帯の預貯金が単身世帯で50.4万円、2人世帯で78万円、3人世帯で100万円以下であることが要件となる。また、求職活動を行っていることも要件のひとつだ。

支給額の目安は、東京都特別区であれば単身世帯で5万3700円、2人世帯で6万4000円、3人世帯で6万9800円となっている。

原則は3カ月にあたり給付金が支給されるが、求職活動などを行っている場合は最長9カ月間にわたり給付金を得られる。

給付金は居住者ではなく、賃貸人か不動産媒介事業者等への代理納付となる。申請に関する相談などは全国の生活困窮者自立相談支援機関で受け付ける。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事

2020.5.29

コロナ禍のなかで…

かつてない試練の時 住宅産業はどこへ向かうのか

厚労省、住居確保給付金でコールセンターを設置

給付要件緩和などで自治体への問い合わせが増加

厚労省、家賃補助制度で求職要件を緩和

緊急小口資金等の特例貸付 労働金庫でも申込み受付け