お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

AIを活用し最短3日で意匠図から構造計算書、伏図を作成 プレカットも連携

ホームエクスプレス構造設計「構造エクスプレス

福井コンピュータアーキテクトの3D建築CADシステムARCHITREND ZERO」の意匠図データを送信後、最短3営業日で構造計算書、基礎・構造伏図、プレカットCAD連携データを納品
・「HM-EX連携ソフト」で意匠図作成時から耐震等級3取得可能かチェックできる!
・「HM-EX業務依頼システム」(クラウド)でデータの送受信も簡単!


通常の住宅建築の工程の場合、意匠図を作成し、そこから構造計算やプレカットのための加工図などを作成していく。この際に意匠図をもとにプレカット加工図を作成するために、プレカット工場ではデータの再入力を行うことが一般的だ。構造計算を外部の設計事務所などに依頼する場合、手間がさらに増えることもある。

ホームエクスプレス構造設計は、AIを使い、この課題を解消する構造設計支援サービス「構造エクスプレス」を提案している。

構造計算書、基礎・構造伏図、プレカットCAD連携データを自動生成

構造エクスプレス」は、「HM‐EX CAD」というAIを活用したシステムで、意匠図から構造計算書、基礎・構造伏図、プレカットCAD連携データを自動生成してしまおうというものだ。

住宅会社は、福井コンピュータアーキテクトの3D建築CADシステム「ARCHITREND ZERO」で意匠図を作成するだけで、構造計算書などを取得することができる。また、プレカット加工図も自動で生成されるため、プレカット事業者にとってはデータを再入力し加工用のデータを作成する手間を省けるというわけだ。

同社によると、これによって一般的な事例で30日程度かかっていた意匠図の確定から構造図面の完成までの時間を、最短で3営業日にまで縮めることができるという。

プレカット工場は、「構造エクスプレス」で作成したプレカットCAD連携データを読み込むことで、構造入力業務を削減できる。

また、経験値に頼っていた木材や基礎の材積を見直すこともでき、基礎鉄筋のコストを約20%削減することに成功した住宅会社もある。

標準仕様を見直すきっかけに耐震等級3の普及も後押し

構造エクスプレス」では、意匠図から迅速に構造計算などを行うために設計条件を設けている。例えば910モジュールを基本としているほか、同社指定のオリジナル金物を使用することになる。

こうした設計条件については、明確な標準仕様を設けていない住宅会社にとっては、自社の標準仕様をはっきりさせるきっかけになる。また、既に標準仕様を設けている住宅会社にとっても、効率性といった観点から仕様を見直す機会になるだろう。

また、基本的には耐震等級3を取得できる構造にするようにしている。巨大地震が頻発するなかで、居住者の安全・安心を確保するためには、耐震等級3を標準にする必要があるという判断からだ。

ある意味では、「構造エクスプレス」を導入することで、耐震等級3という性能を備えた標準仕様を大きな手間なく確立することができると言える。

高い性能値を備えた標準仕様が明確になるということは、施主に対する訴求ポイントがはっきりするということでもあり、業務の効率化という面だけでなく、提案力の向上という点でも「構造エクスプレス」が好影響を与えることになりそうだ。


ホームエクスプレス構造設計株式会社
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト5階
TEL 03-6636-6270
FAX 03-6636-6271
https://expkouzou.com/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

特集:

蓄積されるエビデンスの最前線

住まいの温熱環境が居住者の健康を大きく左右する──そのエビデンスが着実に蓄積されつつある。
断熱性や気密性を高めることは暮らしの快適性につながるだけでなく、健康にも影響することは従前から指摘されてきたが、これらは経験や体験に基づくものであり、医学的なエビデンスに裏打ちされたものではなかった。
しかし、ここ10年間ほどの間に温熱環境と健康に関する研究が進み、その成果がまとまり始めている。
温熱環境と血圧、睡眠、虚弱、皮膚疾患などとの関係が明確になりつつあるのだ。
高性能住宅は、省エネ性や快適性などだけでなく、こうした健康面での価値を持つ。
住まいづくりも大きく変わりそうだ。
それぞれの分野の学識経験者に、研究の最前線、その影響などについて聞いた。

住まいと健康
慶應義塾大学理工学部システムデザイン科 教授 伊香賀俊治氏
温熱環境と睡眠
関西大学環境都市工学部建築学科 教授 都築和代氏
温熱環境と高血圧
自治医科大学循環器内科学部門 教授 苅尾七臣氏
温熱環境と皮膚疾患
岐阜工業高等専門学校建築学科 教授 青木哲氏
温熱環境と虚弱
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科 准教授 安藤真太朗氏

目次を見る

関連記事