お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

施工業者に選ばれる施工管理アプリ 電子受発注、予算管理の機能も追加

コムテックス「Kizuku」

スタンプと工程表が連動

コムテックスが販売する「Kizuku」は、直感的に操作できるチャット機能が特徴の施工管理アプリだ。

一般的なチャットアプリのように、スタンプなどでコミュニケーションを図ることができ、施工業者からも「使いやすい」という評価を得ている。

スタンプは全80種類以上も用意されており、「作業開始」、「作業完了」などスタンプを送れば業務連絡が終わる。

加えて、スタンプによって業務報告を行うと、自動で工程表が更新される機能を備えている。

例えば、「クロス工事完了」というスタンプを送信すると、工程表のクロス工事も自動で「完了」となる仕組みだ。

確実に伝えたいことを重要メッセージとして送信することも行える。写真や動画をチャット機能で送信することもできる。

さらに、写真や図面で手書きで指示や疑問点などを書き込むこともでき、スマートフォンの操作に不慣れな施工業者でさえも、短期間で使いこなせるようになるという。

AIが自動で現場写真を整理

図面や写真をクラウド上に保存し、管理する機能も備えている。

新たなオプション機能として、AIがクラウド上にアップした写真を認識し、自動で工程ごとに振り分けて保存するというサービスもスタートさせた。

膨大な量になる施工写真を自動で振り分けることで、管理のための手間が大幅に削減できるだけでなく、報告書への写真の貼り付けや現場状況の共有といった業務も円滑化することができる。

施工報告書の作成については、スマートフォンで撮影した施工写真を使いながら、現場での空き時間を利用して制作できる機能を備えているが、AIによる画像判定機能を使うと、さらに業務を効率化できるというわけだ。

そのほか、現場への入退場状況を手軽にスマートフォンで打刻することも可能。現場監督などは、今誰が現場にいるのかをリアルタイムに把握できる。

また、国土交通省が推進する建設キャリアアップシステム(CCUS)との連携機能も備えている。

電子受発注機能で業務負荷が激減

伝票のやりとりをスムーズにする電子受発注機能もある。

クラウド上で受発注状況を社内担当者間で共有でき、社内確認の電話やメールなどの作業を軽減し、伝票の入力ミス、支払いの漏れなどを防止する。

取引先とのやりとりで発生する伝票の修正、再提出などもパソコンや端末で行うことが可能で、社内のペーパーレス化に貢献する。

協力会社から元請会社への見積りの提出から、元請会社からの発注、協力会社の受注と工事完了後の請求、そして元請会社側での支払い状況の確認という一連の流れを全てデジタル化するため、スマートフォンなどさえあればいつでも、どこでも受発注業務を迅速に進めることができる。

第三者機関の認証を得た帳票出力や電子署名、タイムスタンプなどの利用も可能となっている。

同社の試算によると、電子受発注機能を使うことで、1回の伝票のやりとりが4分の1になるという。
さらに、紙ベースの場合、元請け会社の発注から請求処理まで51分かかっていたものが13分にまで短縮できる。

予算管理機能も連携し基幹システムとしても利用可能に

実行予算計画と実績をまとめて管理・閲覧できる機能も用意している。自動計算により粗利率が分かるほか、承認フローで進捗管理を行うことも容易になる。

予算計画のデータを活用して、そのまま発注書を作成することもでき、支払いが済むと実績のデータが自動更新される仕組みだ。

電子受発注や予算管理など、現場管理アプリを中心として、さらに進化を遂げている「Kizuku」。基幹システムとしても利用できるだけの機能を備えており、事業環境の変化や企業規模の成長などに応じて、柔軟に機能を付加していくことができる。

直感的な操作性で現場管理を効率化

各現場にかかわる関係者間で、グループトークが可能。
各工程で職人が「メッセージ/スタンプ」「写真」「図面」「報告書」などをトーク上にアップすることで、現場の詳細進捗が一目で把握できる。
また前工程の進捗を見て次工程の開始準備をしたり、他の近隣現場への迅速な補修・施工対応など、これまでの現場調査のロスやムダの軽減化が図れる。

スマホで施工報告書を作成
現場の空き時間で完了

スマートフォンで撮影した施工写真を報告書へ貼りつけることも可能。現場での空き時間を利用して、迅速に施工報告書を作成できる。
作成した報告書は、現場トーク内で担当者限定で確認を申請、担当者からの承認確認も容易にスピーディーに行える。

国交省が推奨するCCUSと連携
「はたらき方改革」対策に

現場への入場/退場状況を手軽にスマートフォンで打刻可能。今誰が現場にいるのか、入場者/退場者がリアルタイムで把握できる。また、国交省が推進する建設キャリアアップシステム(CCUS)と連携機能を備えているので、建設従事者の処遇改善対策にも活用できる。

注文書作成から請求までを一括管理
ワンクリックで作業効率が大幅アップ

電子受発注機能を使えば、注文書の作成から請求までを一貫管理。シンプルな操作で受発注を行うことが可能で、作業効率が大幅に向上する。電子署名/スタンプにも対応可能。

実行予算管理機能で粗利率も自動で確認

受発注機能と連動する実行予算管理機能を利用すれば、粗利率などが自動で更新され、予算計画の進捗状況を一目で確認できる。

新機能‼
AIが現場写真を識別し自動で振り分け

これまでの紙ベースでの図面保管の場所や、手間取るFAXでのやりとりは不要。図面は、現場毎にPDFデータ/画像としてクラウド上に保管。出先でも、時間外でも、図面を忘れた時でも、最新データに容易にアクセスできる。トーク上で重要メッセージで「最新図面の伝達」をすれば、一括して関係者に連絡共有が可能。
さらに新機能ついて、工事写真をAIが自動で工程毎に振り分けて保存管理を行うことも可能に。


コムテックス株式会社
〒933-0047 富山県高岡市東中川町7-18
TEL 0766-32-1777
FAX 0766-32-1775
https://www.ctx.co.jp/

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事

2020.12.25

どうなる2021年の住宅マーケット⑤

コロナ対策市場 / 住宅生産合理化・省施工化市場 / 防災市場 / シェアリングエコノミー市場