2018.5.25

CLTを使いやすくする環境整備が加速 

CLTを使いやすくする制度改正や、民間企業の提案が相次いでいる。

国土交通省は、2018年4月、建築基準法におけるCLTの基準強度について、新たな層構成を追加する告示を公布・施行。より薄い厚みで床・壁にCLTを使用することが可能になった。

国土交通省は2016年、CLTを用いた建築物の一般的設計法を制定した。これにより個別に大臣認定を受けることなく、許容応力度計算などの比較的容易な構造計算でCLTを主要構造に用いた建築物を建てられるようになった。一方、建築物の構造計算に必要なCLTの基準強度のうち、床や屋根に求められる長期の曲げ性能やせん断性能については、使用できる層構成が限られていた。そこで今回、新たな実験結果により性能が確認された従来よりもより薄い層構成などを基準強度に追加した。これにより「建物に応じた合理的で自由度の高い設計ができる」、「軒先やけらばなどの断面をより薄く仕上げ、意匠性の向上を図れる」といったメリットをもたらす。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

ご登録により記事全文が閲覧可能になるほか、今後は会員様向けサービスなどもご用意していく予定です。是非この機会にご登録をお願いいたします。
よくあるご質問(FAQ)Housing Tribune Online無料会員について


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.607(2020年19号)

特集:

OB顧客の満足度向上、FCの新メニュー、相続対策など

自宅の売却後も賃料を支払うことで、自宅に住み続けながらまとまったお金を得られる「リースバック」への注目度が急上昇している。
今年に入り、OB顧客の満足度向上、FCの新メニュー、相続対策などを目的に、多くの住宅事業者が新規参入。
ゼロ円で賃貸化するなどのこれまでにない新サービスの提案も出てきた。
また、既存の事業者も業績を伸ばしているとともに、国も市場整備に向けた動きを開始しており、市場拡大の機運が一気に高まっている。

目次を見る

関連記事