新商品レビュー  | 2019.10.28

JH‐WBPB6150

停電時の対応力を高めたクラウド蓄電システム


シャープは停電時の対応力を高めた住宅用クラウド蓄電池システムJH‐WBPB6150を発売した。停電時の出力電圧を200V対応に、最大出力電力を5.5kVAに大幅アップ。停電時に家中のコンセントが利用できるほか、より多くの機器を同時使用できる。

また、6.5kWhのリチウムイオン蓄電池を2台組み合わせて、13.0kWhに大容量化することも可能。

商品名 JH‐WBPB6150
価格 システム価格 260万円
発売 シャープ株式会社
掲載 ハウジング・トリビューン Vol.587(2019年20号)

関連記事

住宅 |  2020.5.27
住宅 |  2020.5.27

旭化成ホームズ、賃貸住宅でもレジリエンス機能を重視

エントランスに災害サイネージ、共用部でのスマホ充電……入居者同士の“共助”に仕向けるさりげない工夫

住宅 |  2020.5.14

セキスイハイム、ZEH比率が80%に

エネルギー自給自足型住宅も3万棟を突破