ベビーゲート

育児施設向け幼児用安全柵

  


アイカ工業は脱輪や指はさみなどの危険を防ぐ安心設計を施した育児施設向け乳幼児用安全柵、ベビーゲートを発売した。

乳幼児を危険から守る工夫を随所に施した。自重で落下して下部レールにフィットする戸車を搭載することで、扉の跳ね上がりによる脱輪を抑制する機能を持たせた。また、扉とレールの隙間を2〜3㎜に抑えたほか、扉と枠の隙間は25㎜の広さを確保することで、狭い隙間に指をはさむことのないように配慮。さらに、自動で掛かり大人のみ開閉可能な鎌錠も採用した。

■商品情報

商品名:ベビーゲート
価格 ベーシックタイプ 1セット当たり12万9500円(設計価格、税抜)、メラミンタイプ 1セット当たり14万1500円(同)
発売:アイカ工業(052-533-3137)
ハウジング・トリビューン Vol.552(2018年4号)に掲載

関連記事