新たに創設される集合住宅版のZEH。2018年度から環境省と経済産業省が共同で、供給を行う事業者に補助を行っていく。低層は「Nearly ZEH-M(仮称)」、中層は「ZEH-M Ready(仮称)」、高層は「ZEH-M Oriented(仮称)」というように階層ごとに支援を行う。補助要件は全住戸で強化外皮基準を満たし、設計一次エネルギー消費量について基準一次エネルギー消費量から20%以上削減することなど(再生可能エネルギーを除く)。