【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

ZEH-M

ぜっちえむ

新たに創設される集合住宅版のZEH。2018年度から環境省と経済産業省が共同で、供給を行う事業者に補助を行っていく。低層は「Nearly ZEH-M(仮称)」、中層は「ZEH-M Ready(仮称)」、高層は「ZEH-M Oriented(仮称)」というように階層ごとに支援を行う。補助要件は全住戸で強化外皮基準を満たし、設計一次エネルギー消費量について基準一次エネルギー消費量から20%以上削減することなど(再生可能エネルギーを除く)。

このキーワードを含む記事

2022.5.2

賃貸住宅のZEH対応強化の動きが加速

Housing Tribune Weekly Vol.581

2022.2.9

三菱地所レジデンス 30年までにCO2排出量を半減

25年以降、全マンションをZEH化

2021.12.17

分譲マンションでZEH標準化が加速

三井不動産、積水ハウスが方針