【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

都民の健康と安全を確保する環境に関する条例

とみんのけんこうとあんぜんをかくほするかんきょうにかんするじょうれい

2030年カーボンハーフの実現に向け、東京都が関連する制度を定めた条例。①建物のゼロエミッション化、②再エネの基幹エネルギー化、③脱炭素経営と情報開示に意欲的に取り組む事業者の後押し-という3つの考え方で制度強化する。現在、改正の審議中で、中間とりまとめでは、太陽光発電の設置義務などを含む条令改正案をまとめた。今秋以降に都議会に提出する。条例による“太陽光発電義務化”は全国初の試みだ。

このキーワードを含む記事

関連記事

2022.6.14

ついにシェルター時代が到来!?

核、地震、津波…高まるリスクにさらなる安全を

2022.5.27

ハウジング・トリビューンVol.641(2022年10号)

存在感増す高付加価値賃貸 長期安定経営の実現に向けて