【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

FIT制度の地域活用要件

ふぃっとせいどのちいきかつようようけん

FIT制度の改正により10kW以上50kW未満の低圧太陽光発電に課せられるようになった要件。これは、全量売電を認めず、30%以上の自家消費を求めるもの。賃貸住宅で太陽光発電導を導入する場合、その多くが低圧であり、ほとんどのケースで地域活用要件の対象となる。従来、賃貸住宅では全量売電を目的に太陽光発電を導入するケースが多かったが、地域活用要件が課せられたことで2020年4月以降は、太陽光発電の導入が激減した。

関連記事