【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

リビオライフデザイン総研

りびおらいふでざいんそうけん

日鉄興和不動産が立ち上げた、マンションの企画などを担う社内シンクタンク。同社はファミリー層から単身層まで、幅広い分譲マンションを展開しているが、一つ一つの物件の商品企画の中で、その時代・ターゲットのニーズに合わせて、常識にとらわれない新しい価値を付加し、供給している。ただ、こうした提案は物件ごとに行われてきた。ライフスタイルの多様化が進む中、これまでに蓄積した様々な取り組みを横展開できるかなどを探っていく。

このキーワードを含む記事

2021.8.12

日鉄興和不動産、新たな暮らし方を探索 社内にシンクタンク

ブランドロゴも刷新 認知度向上を目指す

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事

ハウジング・トリビューン Vol.498(2015年14号)

活気づく"高級住宅"市場 アベノミクスで増加する富裕層

ハウジング・トリビューン Vol.489(2015年4号)

競争激化で求められる差別化戦略 選ばれるサ高住の条件

ハウジング・トリビューン Vol.487(2015年2号)

買取再販、DIY型賃貸、宿泊施設、シェアハウス… 空き家ビジネス最前線