【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

プライム ライフ テクノロジーズ

ぷらいむ らいふ てくのろじーず

パナソニックとトヨタ自動車が共同出資し2020年1月7日に設立する合弁会社。両グループの住宅事業を統合する。パナソニックからは、パナソニック ホームズ、パナソニック建設エンジニアリング、松村組が、トヨタからはトヨタホーム、ミサワホームが合弁会社の傘下に入る。これにより、合弁会社の戸建住宅供給戸数は約1万7000戸となり、戸建住宅の供給戸数で、積水ハウスを抜いて飯田グループに次ぐ規模になる見込みだ。

このキーワードを含む記事

2020.11.9

PLT発足後 初の街びらきが愛知県で

標準で全戸ZEH仕様、共通部材も搭載

2020.8.14

コロナで変わる住まいの姿

求められる安全安心と心地よさ

プライム ライフ テクノロジーズ、中長期計画を策定

2030年の売上高1兆2000億円に 町おこし事業者を目指す

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る