キーワード  | 2019.3.22

特定技能

とくていぎのう

2019年4月の改正入管難民法施行で創設される外国人の新たな在留資格。これまで、日本では技能実習生制度以外では外国人の単純労働は原則として禁止されていたが新たな在留資格では認められるようになる。このため、住宅業界も含め新在留資格への期待が高まっており、多くの事業者が人手不足の切り札として注目している。国では2024年までの5年間で26万2700人〜34万5150人の受け入れを見込んでいる。

このキーワードを含む記事

建材 |  2019.9.19

窯業系サイディング工事業の全国組織が発足

職人の待遇改善へ 業界の総意まとめ発言力強化

その他 |  2019.4.17

外国人材の受け入れ拡大へ新法人を設立

企業には建設キャリアアップシステム登録を義務付け

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.601(2020年12号)

特集:

民法改正で何が変わる?
問われる建築時の性能管理能力

2020年4月の民法改正により、これまで使用されてきた「瑕疵」が「契約不適合」という分かりやすい言葉に言い換えられた。

これにより、消費者が契約時に約束された性能や品質に対してより敏感になり、厳しい目が向けられることも予想される。

住宅事業者には、どのような対応が求められているのか。

目次を見る