林野庁が2017年10月に打ち出した仕組み。市町村が森林所有者と林業経営者をつなぎ、意欲と能力のある林業経営者に森林の経営・管理を集積・集約する。これにより林業の規模拡大を促し、生産性を高める狙いだ。あわせて路網の整備を進め、素材生産者の高性能林業機械の導入も支援。伐採・搬出コストを低減化し、原木の低コスト供給を図る。製材業者の木材加工設備の整備も支援し、加工コストを低減。国産材の競争力を高める。

#
このエントリーをはてなブックマークに追加