【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

JAS無垢材

じゃすむくざい

JASによって寸法や等級区分、含水率などの基準が設けられ、品質表示が義務付けられている製材。具体的には人工乾燥機械等級区分製材と2×4製材を指す。機械によりヤング係数を測定し等級区分されたもので、構造計算で使用できる強度表示がなされている。このため、構造計算が必要な非住宅建築にも使用可能。林野庁は2018年度の重点施策に「JAS無垢材利用拡大対策」を掲げ、非住宅分野でJAS無垢材の利用拡大を目指している。

このキーワードを含む記事

林野庁、「新たな森林管理システム」を本格始動

森林経営・管理の集約化等で コスト低減、国産材の競争力を強化