キーワード  | 2015.5.22

被災度判定計

ひさいどはんていけい

地震が発生したときに、建物などの被災度を判定する装置。2015年4月にミサワホームとKDDIが戸建住宅専用に初めて量産化される被災度判定計「GAINET(ガイネット)」を開発した。

基礎部分に設置した計測部のセンサーで建物の入力地震波を計測する。これをもとに表示部がリアルタイム震度と建物及び地盤の被災度を判定する。建物ごとに異なる被災状況を把握でき、緊急度に応じた居住者のサポートを行うことが可能になる。

このキーワードを含む記事

Housing Tribune |  2015.5.22

ハウジング・トリビューン Vol.494(2015年10号)

ストック市場の注目株 インテリアの今を知る5つのトレンド