空き家管理等基盤強化推進事業

あきやかんりとうきばんきょうかすいしんじぎょう

  


国交省が中古住宅流通の促進に向けて新たに創設した事業。空き家の活用・管理・除去などについて、所有者に対するコンサルティングや関連するビジネスの育成・普及などを行う。2013年度予算案に2億円を計上した。

専門家、民間事業者、自治体からなる協議会を新たに創設し、全国各地に空き家についての相談窓口を設置する。また、サービス水準の安定化などに向けて取り組みを行う民間事業者の団体やグループを対象として研究費などを補助。空き家管理ビジネスの支援も行っていく方針だ。