【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.643(2022年12号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

耐火構造

たいかこうぞう

建築基準法で規定しているもので、通常の火災が終了するまでの間、建物の倒壊や延焼を防ぐのに必要な性能を満たした構造のこと。火災による火熱が一定時間加えられた場合に、構造耐力上支障のある変形や溶解、破壊などの損傷を生じないものを指す。近隣の火災が燃え移ってくるのを防ぐことに加え、万一出火した場合でも、一定の時間、近隣へ燃え移るのを食い止めることを考慮した構造である。壁や柱、床、梁、屋根、階段などの建築物の主要構造部に適用される。

このキーワードを含む記事

2022.6.14

ついにシェルター時代が到来!?

核、地震、津波…高まるリスクにさらなる安全を

2022.3.31

YKK不動産 パッシブタウン第4街区が竣工

脱炭素、ZEBの達成がテーマの保育施設

2022.1.7

【2022年の“注目”住宅マーケット:中高層木造】都市に国産材活用の第2の森

国産材活用の木造ビル建設が加速 SDGsで “都市の第2の森林”が脚光

2021.12.7

城東テクノ 軒先、壁際に兼用できる防火対応 軒天換気材発売

業界初、準耐火75分の大臣認定も取得品を発売予定

2021.9.30

住宅高性能化を後押しする耐力面材、耐力壁

職人不足、品質確保、非住宅木造の対応でも鍵に