耐火構造

たいかこうぞう


建築基準法で規定しているもので、通常の火災が終了するまでの間、建物の倒壊や延焼を防ぐのに必要な性能を満たした構造のこと。火災による火熱が一定時間加えられた場合に、構造耐力上支障のある変形や溶解、破壊などの損傷を生じないものを指す。近隣の火災が燃え移ってくるのを防ぐことに加え、万一出火した場合でも、一定の時間、近隣へ燃え移るのを食い止めることを考慮した構造である。壁や柱、床、梁、屋根、階段などの建築物の主要構造部に適用される。


このキーワードを含む記事

地域のニュース

外部サイトへのリンクです