【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

ついに日本でも核シェルターか

アンカーハウジングの埋設型の核シェルター。ウクライナ侵攻で問い合わせが急増している テレビや雑誌で「シェルター」が大きく取り上げられている。 ロシアのウクライナへの侵攻が、戦争がリアルなものであるということをあらためて突き付けた 連日報道されるミサイルや砲撃による攻撃、破壊された街、そして失われた命と日常の生活。その映像は、遠く離れた日本にも大きな衝撃を与えた。そして北朝鮮による相次ぐミサイル発射…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事

2022.6.14

ついにシェルター時代が到来!?

核、地震、津波…高まるリスクにさらなる安全を

2022.5.27

ハウジング・トリビューンVol.641(2022年10号)

存在感増す高付加価値賃貸 長期安定経営の実現に向けて