【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.12.21

Qrio 暗証番号で施解錠等、新製品5種を発表

スマートロックを軸にIoTプラットフォーム構想も打ち出す

Qrioはこのほど新製品5種に加えて、異業種と連携した、「Qrio IoT Platform構想」を発表した。スマートロックのQrioをハブに、カメラや窓センサー等を繋ぎプラットフォームを形成、セキュリティーサービス等の提供を目指す。


新商品のQrio Pad

ソニーグループのQrioは同社が手掛けるIoT事業の1つとして、2015年からスマートロックの製造・販売を進めてきた。累計販売20万台を突破している主力製品の「Qrio Lock」は、スマートフォンの専用アプリを使用したハンズフリー解錠や、オートロック機能、工事不要の簡単設置等を特徴としている。また、スマートフォンを持たない場合でも、「Qrio Lock」専用のリモコンキー「Qrio Key」を使い、ボタン操作で施解錠を行うことができることも特徴の1つだ。

今回、「もっと鍵が自由になる生活」の実現を目指し、新製品5種を発表した。その1つが暗証番号で施解錠を行える「Qrio Pad」。万が一、鍵を忘れ締め出されてしまっても、暗証番号をパッドに入力することで解錠でき、同じく新製品の「Qrio Card」をパッドにタッチすることで施解錠することもできる。「Qrio Key S」も発表した。従来型の「Qrio Key」のボタン操作機能に加え、新たにハンズフリー機能を搭載した。ポケットに入れたままでも、ドアの前での立ち止まりを検知し、自動で解錠する。また、マンション向けのスマートロックとして「Qrio Rock R」、「Qrio Pad R」を新たに導入した。共用玄関から自宅まで一つの鍵で施解錠でき、管理会社やオーナーはカギの発行履歴、施解錠履歴など、ロック操作に関する履歴情報を部屋ごとに参照できる。組付け型ではあるが、電気回線工事が不要のため簡易工事で設置できるのが特徴。

Qrio Padの利便性をデモで実演

Qrioをスマートホームのハブに
IoT機器などを制御

また、異業種と連携した、「Qrio IoT Platform構想」も発表した。Qrioをスマートホームのハブとし、IoTに対応した機器やセンサーなどを繋いだプラットフォームを通じ、様々なサービスを提供していく。具体的には、戸建住宅やマンション、オフィス、倉庫などの照明や設備を遠隔から管理・制御できるサービスの提供などをイメージしている。

例えば、鍵と錠の専門メーカー、ゴールと連携し、同社が提供しているマンションの宅配ロッカーやエレベーターなどのシステムと組み合わせたサービスを検討している。全国221店舗のゴールメンテナンスステーションを活用し、プラットフォームを活用したサービスのメンテナンスの提供も視野に入れる。

また、ソニーグループとの連携も検討している。例えば、ソニーネットワークコミュニケーションズのスマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」と連携したサービスの提供の可能性も示唆した。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る

関連記事

2021.12.10

ハウジング・トリビューンVol.632(2021年23・24号)

2021年 重大ニュース 新時代のターニングポイント

スマートホームはネクストステージへ AIによる“提案”で暮らしにゆとり

ソニーネットワークコミュニケーションズ NURO事業部マーケティング部 IoT課 大江香菜美 氏

2019.5.28

次世代スマートロックの本格普及が間近

高機能化で利便性向上、低価格化も進む