【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.12.17

分譲マンションでZEH標準化が加速

三井不動産、積水ハウスが方針

分譲マンションでZEH標準化に向けた取り組みが加速している。これまで分譲マンションではプロジェクト単位でZEH基準を満たす物件の供給がなされてきたが、ここにきて、2050年のカーボンニュートラルを見据え、供給する物件全てをZEHとする「ZEH標準化」の動きが活発化してきた。 ZEH-M Oriented の環境性能を満たす、三井不動産の「パークホームズ LaLa 名古屋みなとアクルス ガーデンスク…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し

2022.1.6

【2022年の“注目”住宅マーケット:ZEH】分譲、共同住宅へも広がりが

課題解決が進み市場が拡大 戸建分譲、共同住宅の市場も動き出す

2021.12.10

ハウジング・トリビューンVol.632(2021年23・24号)

2021年 重大ニュース 新時代のターニングポイント