2021.10.8

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

変わる社会 変わるくらし

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

発行元:創樹社  価格:1200円+税

創樹社ONLINE SHOPで購入 fujisan.co.jpで購入

定期購読者限定コンテンツ「Housing Tribune Weekly」は毎週金曜日に配信

年間定期購読

目次

HTʼs eyes

デジタルツール連携の先にあるもの
資産価値の残る持続可能な郊外開発を

変わる社会 変わるくらし
住産業はどう対応する?

INTERVIEW

ACTの強味を生かし住宅分野のシェアアップ
デジタル社会への対応などスピード感ある経営を
大光電機 串間 隆一 社長

TOPIC&NEWS

基準地価、住宅地の下げ幅は縮小 2年連続下落も、東京郊外の上昇が加速
21年度第1四半期のリフォーム需要が急増 前期比3割超増加

ウイング 2×4工法の国産材化を推進 小さなサプライチェーンで持続可能な地域を全国に
アキュラホーム 耐震と開放の両立を目指し倒壊実験を実施

連載

国産材を活かす㉕]国産材利用のエコ性を確保する
林材ライター 赤堀 楠雄 氏

進化するフローリング
デザイン面、機能面で高まる付加価値

CLOSE UP

LIXIL住宅研究所 24年度に売上高1000億円へ 商品力強化で「すごい家」を発売
MAKE HOUSE BIMを活用し高画質建築空間シミュレーション

Channeling Data

学校のトイレ研究会「2020年度全国自治体アンケート調査」
ツクルバ「東京23区マンション住まい・3年以内売却検討者への意識調査」

FLASH

ポラスグループ 戸建分譲でパナとコラボ、子育て配慮の取り組みを強化
アイ工務店 体験型住宅展示場をさいたま市にオープン
パナソニック ウェルネス認証の取得支援サービスを推進