お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.9.21

オープンハウス、住関連サービスの提供で新会社

早期に売上高100億円を目指す

オープンハウスは新たに子会社を設立し、OB顧客に向け住関連サービスを開始した。
新築戸建住宅の販売後もOB顧客のライフステージの変化に合わせて様々なサービスを提案したい考えだ。


オープンハウスは100%子会社のおうちリンク(東京都渋谷区・鎌田和彦代表取締役)を設立、OB顧客を対象に住関連サービス「おうちリンク」の提供を開始した。新会社を通じ、早期に売上高100億円を目指す方針だ。

オープンハウスは東京都心を中心に年間約1万棟の戸建住宅の供給を行っているが、「これまでは販売後のサポートが十分でないのが実情だった」(おうちリンク 総務企画室・徳永達磨室長)という。こうしたことから、ストック事業の取り組みの一環として、住関連サービスの提供に着手する。住宅販売後もOB顧客のライフステージの変化に合わせて、様々な住関連サービスを提供する。

まずはインフラから
将来的にはリフォーム提案も

おうちリンク、おうちバンクの概要

まずは、住生活に必要不可欠なライフラインから取り組む。エネルギーの小売り事業者を通じて、電気(おうちリンクでんき)、ガス(おうちリンクガス)・インターネット回線(おうちリンクネット)の提供を行う。

「従来は新居への引っ越し時に、インフラ契約の煩わしい手続きが必要だったが、これからはあらかじめ申し込んでいただければオープンハウスの住宅への入居と同時にすぐにインフラを使うことができる」と徳永室長は自信を見せる。

今後は外部の事業者とも連携しながら、「おうちリンク」でインフラ以外のサービスを拡充していきたい考えだ。例えば、共働き世帯向けの家事代行、宅配クリーニング、空間を賢く利用するための貸し倉庫、コロナ時代のオンラインサービスなどを検討している。

また、将来的には、「おうちリンク」の住関連サービスの一つとして、リフォームの提案も視野に入れる。

オープンハウスでは、2025年にリフォーム適齢期を迎えるOB顧客が約3000件に達する見込みであり、ここに向けて提案していきたい考えだ。

「大規模なリフォームに限らず、戸棚を付けるなど、ちょっとしたことも含めて受注していきたい」(同)としている。

独自のネット銀行も提案
ポイント還元で「おうちリンク経済圏」も

オープンハウスの戸建住宅の外観

「おうちリンク」では、住信SBIネット銀行と銀行代理業委託契約を締結し、住関連サービスの料金の支払いで、高い利便性とお得感を訴求する独自のネット銀行「おうちバンク」も提案する。

おうちバンクでは、スマートフォンアプリで様々な取引が可能。口座開設はおうちリンクアプリから最短3分で可能。おうちリンクの住関連サービスの料金引き落としが口座振替で可能だ。

おうちリンクの住関連サービスの料金をおうちバンクの口座振替で支払うと、「おうちリンクポイント」が貯まる仕組みを導入。おうちリンクの電気、ガス、ネット回線それぞれで月々の料金の最大3%が還元されるため、「おうちリンクの電気、ガス、ネット回線すべてに加入すれば、年間で約7600ポイント=7600円が還元される」(同)という。現在、ポイントは、おうちリンクのサービスに対して使用できるほか、AMAZONギフトカードにも交換できる。特におうちリンクでのポイント利用を促していきたい考えで、「おうちリンクのサービスを利用しポイントを貯め、そのポイントでまた「おうちリンク」のサービスを利用するという〝おうちリンク経済圏〟をつくっていきたい」(同)としている。

オープンハウスは、早期に「おうちリンク」の契約数を年間1万件に乗せていきたい考えだ。

契約獲得へ向け、5月末からオープンハウスで新たに戸建住宅を購入した顧客向けに、説明会を実施。盛況であることから、7月末からはウェブでの説明会も開始した。「今後はオープンハウスの住宅の付加価値として認知度を広めることで、説明会に参加しなくても、お客様に選んでいただけるサービスにしていきたい」(同)としている。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.629(2021年20号)

特集:

蓄積されるエビデンスの最前線

住まいの温熱環境が居住者の健康を大きく左右する──そのエビデンスが着実に蓄積されつつある。
断熱性や気密性を高めることは暮らしの快適性につながるだけでなく、健康にも影響することは従前から指摘されてきたが、これらは経験や体験に基づくものであり、医学的なエビデンスに裏打ちされたものではなかった。
しかし、ここ10年間ほどの間に温熱環境と健康に関する研究が進み、その成果がまとまり始めている。
温熱環境と血圧、睡眠、虚弱、皮膚疾患などとの関係が明確になりつつあるのだ。
高性能住宅は、省エネ性や快適性などだけでなく、こうした健康面での価値を持つ。
住まいづくりも大きく変わりそうだ。
それぞれの分野の学識経験者に、研究の最前線、その影響などについて聞いた。

住まいと健康
慶應義塾大学理工学部システムデザイン科 教授 伊香賀俊治氏
温熱環境と睡眠
関西大学環境都市工学部建築学科 教授 都築和代氏
温熱環境と高血圧
自治医科大学循環器内科学部門 教授 苅尾七臣氏
温熱環境と皮膚疾患
岐阜工業高等専門学校建築学科 教授 青木哲氏
温熱環境と虚弱
北九州市立大学国際環境工学部建築デザイン学科 准教授 安藤真太朗氏

目次を見る

関連記事