【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.9.14

蓄電池でコストの課題解消への新提案相次ぐ

リースやポイント還元などを提供

家庭用蓄電池の普及拡大に向け、メーカーの提案がより活発化している。初期コストを抑えるリースや、再生可能エネルギーの自家消費量に応じたポイント還元などの新提案が相次いでいる。 ネクストエナジー・アンド・リソースが8月に発売した家庭用蓄電池「iedenchi-NX Premium」 一般的な蓄電池の初期コストは設置工事費も合わせると100万円以上と高額であり、この点が普及のハードルとなっている。だが、…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

2022.6.30

[堺市]域内建築をゼロエネルギー化

脱炭素でニュータウンの魅力向上

2022.6.30

[佐渡市]離島特有のエネルギー問題を解決

環境ブランド価値を高め地域を活性化

2022.6.29

[さいたま市]都市型モデルで脱炭素化

太陽光など再エネ電源利用でエネルギーマネジメント

2022.6.29

[上士幌町]畜産バイオマス発電でエネルギー地産地消のまちづくり

大規模PV導入なども推進  町全体の民生電力で脱炭素化