【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

脱炭素の社会に向けストックはどうする?

ストック住宅の“脱炭素化”をどのように進めていくのか(写真はイメージ) 各省庁の2022年度予算概算要求が出そろった。やはり注目は「カーボンニュートラル」に関する施策だ。 先に「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」が「ロードマップ」をまとめた。住宅・建築分野で脱炭素をどのように進めていくか、さまざまな取り組みが打ち出され、これらがの予算概算要求に落とし込まれた。 国土交通省…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事

 New 2022.1.20

イケダコーポレーション 木繊維断熱材を本格販売

夏も冬も快適に 吹込タイプもラインアップ

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し

2022.1.11

【2022年の“注目”住宅マーケット:規格型住宅】手間、コストをかけずに新提案

新提案を盛り込んだ規格型住宅が人気 手間をかけず、コストを抑え、合理的に

2022.1.7

【2022年の“注目”住宅マーケット:中高層木造】都市に国産材活用の第2の森

国産材活用の木造ビル建設が加速 SDGsで “都市の第2の森林”が脚光