【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.8.18

次代のスタンダードはZEH強化外皮、HEAT20のG2レベル

特集「今、問われる住まいの姿」① 脱炭素時代の省エネ住宅の姿

2050年の脱炭素化に向け国を挙げた取り組みが進む。特に重要になるのが住宅の省エネ対策。省エネ基準レベルが当たり前という時期が迫る中、住宅事業者は次代の省エネ性能としてどのレベルを目指すべきなのだろうか。 住宅の省エネ基準2025年度に適合義務化 2020年10月、国が「2050年の脱炭素化」を宣言したことで、住宅・建築物の省エネ化に向けた動きが一気に加速している。我が国における最終エネルギー消費…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく
創樹社のカスタム出版サービス
住生活産業従事者向けオンライン連続講座 「先人の知恵に学ぶ 和の暮らしと住まい」

関連記事