お知らせ ◆10月7日〜13日頃、無料会員の新規登録に不具合が発生する状況がございました。この期間にご登録いただいた方で確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.628(2021年19号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.8.11

クラス、ホームステージングサービスで賃貸への提案強化

1週間で導入可能な「Quickプラン」を開始

クラスはホームステージングサービスで賃貸住宅向けの提案を強化する。この一環として、1週間で導入可能な「Quickプラン」を開始した。


「Quickプラン」のイメージ

家具・家電のサブスクリプションサービスCLAS(クラス)を運営するクラス(東京都目黒区、久保裕丈社長)は、ホームステージングサービスで賃貸住宅向けの提案を強化する。

ホームステージングとは、新築や中古住宅、賃貸住宅に家具や照明、小物などを配置してインテリアを演出することで、消費者に居住後のイメージを持ってもらい、高値・早期の成約につなげる手法。

住宅会社が自社で家具や照明、小物類を購入し、ホームステージングを行うこともできるが、大きなコストが掛かる。こうしたことから、家具などを貸し出す「ホームステージングサービス」への需要が高まっており、事業者の提案が活発化している。

クラスは2018年9月からホームステージングサービスを行っており、野村不動産、東急不動産、パナソニック ホームズ、東京建物など大手住宅不動産会社を中心に受注を伸ばしており、2020年の売上高は前年から倍増した。

家具などをレンタルするだけでなく、同社専属のインテリアコーディネーターが顧客の要望に合わせて家具や小物などを選定しインテリアの演出を行うようにしており、よりきめ細やかなニーズに対応するホームステージングサービスを実現している。

これまでは、主に新築分譲住宅(戸建・マンション)を想定したプラン設定をしていたが、最近は賃貸住宅の需要も出てきた。投資用などの高価格帯の賃貸住宅で、入居を促すためにより訴求力を高めたい不動産管理会社がホームステージングに関心を持ち始めたのだ。

しかし、分譲住宅と比べて賃貸住宅でのホームステージングは、短期間での導入や価格をより抑えた提案が求められることから、既存プランでは対応しきれてこなかったという。

こうしたことから、今回、クラスは賃貸住宅へ向けたホームステージングの強化を図るため、賃貸住宅向けのプラン「Quickプラン」の提案を開始した。

「Quickプラン」は、ベッドやデスク、チェアなどの家具と、テーブルランプ、造花、アートといった小物をパッケージにしたプラン。パッケージ化することで、従来のプランよりも価格を抑え、短期間での導入を可能にした。価格は家具や小物などのレンタル期間が1か月の場合10万円、3か月の場合は15万円。導入期間は発注から最短1週間で搬入・設置が可能としている。

パッケージは、ナチュラルな北欧テイストの「ナチュラルカフェ」、落ち着いた色見でインダストリアル調の「モダンインダストリアル」、ホワイト系の家具とグレー系のファブリックでモノトーン調のきれいめ空間を演出する「クラッシーホワイト」の3テイストを用意した。

クラスは今回の新プラン導入により賃貸向け市場の開拓を図ることで、ホームステージング事業全体の売上高を現在の3倍に高めていきたい考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.628(2021年19号)

特集:

住産業はどう対応する?

社会が大きく変わりつつある。
環境対策は待ったなしの緊急課題で、脱炭素社会の実現に向けた取り組みが急展開している。
少子高齢化は、わが国の人口構成を大きく変え、これまでになかった社会を迎えつつある。
また、地震や台風などの自然災害の激甚化・頻発化は気候変動への対策とあわせ、その対策が強く進められつつある。
さらにコロナ禍は、働き方改革やデジタル化を好むと好まざるとにかかわらず、強制的に進めることになった。
こうしたなかで人々の暮らしも変わりつつある。
生活を支える住産業は、こうした変化にどのように対応していくのか──。
各省庁がまとめた白書をベースに、さまざまなデータを紐解いた。

目次を見る

関連記事