【お知らせ】4月末から5月にかけて、サイトが繋がりにくい現象がございました。現在は解消しています。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2021.8.11

クラス、ホームステージングサービスで賃貸への提案強化

1週間で導入可能な「Quickプラン」を開始

クラスはホームステージングサービスで賃貸住宅向けの提案を強化する。この一環として、1週間で導入可能な「Quickプラン」を開始した。


「Quickプラン」のイメージ

家具・家電のサブスクリプションサービスCLAS(クラス)を運営するクラス(東京都目黒区、久保裕丈社長)は、ホームステージングサービスで賃貸住宅向けの提案を強化する。

ホームステージングとは、新築や中古住宅、賃貸住宅に家具や照明、小物などを配置してインテリアを演出することで、消費者に居住後のイメージを持ってもらい、高値・早期の成約につなげる手法。

住宅会社が自社で家具や照明、小物類を購入し、ホームステージングを行うこともできるが、大きなコストが掛かる。こうしたことから、家具などを貸し出す「ホームステージングサービス」への需要が高まっており、事業者の提案が活発化している。

クラスは2018年9月からホームステージングサービスを行っており、野村不動産、東急不動産、パナソニック ホームズ、東京建物など大手住宅不動産会社を中心に受注を伸ばしており、2020年の売上高は前年から倍増した。

家具などをレンタルするだけでなく、同社専属のインテリアコーディネーターが顧客の要望に合わせて家具や小物などを選定しインテリアの演出を行うようにしており、よりきめ細やかなニーズに対応するホームステージングサービスを実現している。

これまでは、主に新築分譲住宅(戸建・マンション)を想定したプラン設定をしていたが、最近は賃貸住宅の需要も出てきた。投資用などの高価格帯の賃貸住宅で、入居を促すためにより訴求力を高めたい不動産管理会社がホームステージングに関心を持ち始めたのだ。

しかし、分譲住宅と比べて賃貸住宅でのホームステージングは、短期間での導入や価格をより抑えた提案が求められることから、既存プランでは対応しきれてこなかったという。

こうしたことから、今回、クラスは賃貸住宅へ向けたホームステージングの強化を図るため、賃貸住宅向けのプラン「Quickプラン」の提案を開始した。

「Quickプラン」は、ベッドやデスク、チェアなどの家具と、テーブルランプ、造花、アートといった小物をパッケージにしたプラン。パッケージ化することで、従来のプランよりも価格を抑え、短期間での導入を可能にした。価格は家具や小物などのレンタル期間が1か月の場合10万円、3か月の場合は15万円。導入期間は発注から最短1週間で搬入・設置が可能としている。

パッケージは、ナチュラルな北欧テイストの「ナチュラルカフェ」、落ち着いた色見でインダストリアル調の「モダンインダストリアル」、ホワイト系の家具とグレー系のファブリックでモノトーン調のきれいめ空間を演出する「クラッシーホワイト」の3テイストを用意した。

クラスは今回の新プラン導入により賃貸向け市場の開拓を図ることで、ホームステージング事業全体の売上高を現在の3倍に高めていきたい考えだ。

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.640(2022年8・9号)

特集:

ハウジング・トリビューンは、住宅事業者の商品開発担当者などを対象に、今後の住宅商品開発の方向性を探るアンケート調査を実施した。

「省エネ」、「再生可能エネルギー活用」、「木材利用」、「リサイクル」、「蓄エネ」、「防災・減災」、「温熱環境」、「空気環境」、「在宅ワーク」、「非接触」、「IoT・IT」、「家事支援」、「高齢者対応」、「子育て支援」、「リフォーム対応」、「長寿命化」、「高意匠」、「省施工」、「DIY」、「その他」という19項目の中から、商品開発を進めていく上で注力したいテーマを3つ選択してもらった。

また、その中でも特に注力したいテーマと、なぜそのテーマを選択したのか理由を聞いた。
アンケート結果から、あるべき未来の住宅像が浮き彫りになった。

目次を見る
創樹社のカスタム出版サービス
相続士 オンライン講習スタート

関連記事