【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.7.28

ストック市場のけん引役になるか 空き家ビジネス

巨大な潜在市場が動き出す

2015年のいわゆる「空家特措法」施行から6年が経過する。国は大きく利活用と除却の二方面から、制度改正や補助事業などを通じて空き家対策を進めてきた。発生の抑制や除去などに一定の効果が出ているが、利活用についてはなかなか火がつかなかった。空き家問題には数多くの課題が横たわる。今、こうしたその散在した課題を解決するサービスが続々投入されている。さらに、コロナ禍は空き家市場にとってマーケット拡大のきっか…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事

2022.1.13

【2022年の“注目”住宅マーケット:居場所づくり】コロナ禍を経て選択肢が広がる

コロナ禍を経て生まれる新しい暮らし方 移住、多拠点居住、ワーケーションなど選択肢が広がる

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し