お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.7.7

LGBTに向けた住宅ローンや不動産サービスじわり

新たな住宅需要層として掘り起こし

住宅ローンや不動産サービスを、LGBT(性的少数者)のカップルが利用できるようにする動きが広がっている。性的少数派に当てはまる人の割合は1割程度という民間調査もあり、需要の掘り起こしが始まっている。

LIFULL は国内不動産ポータルサイトで初めてLGBT 向けの相談サービスを展開している

auじぶん銀行は住宅ローンで、4月から同性パートナーを連帯保証人および担保提供者とした申し込みができるようにした。「ペアローン」の場合は、2人の利用者は、それぞれ互いの住宅ローンの連帯保証人となり、「収入合算」の場合は収入合算者が連帯保証人となる。同社は「ダイバーシティへの取り組みを推進する中で、あらゆるお客さまにサービスを利用いただける環境の実現に向けサービス拡充の検討を進める」としており、今回の対応はその一環。法的な婚姻関係のないLGBTのカップルが共に居住する住宅の取得に際の住宅ローンの活用を後押しする。

福岡県で不動産事業を展開する三好不動産は、2016年よりLGBTカップルの賃貸住宅のあっせんを開始。その後、LGBTカップルが不動産購入を求めるニーズが高まったことを受け、楽天銀行と今年4月に提携し、「楽天銀行LGBT住宅ローン」の商品紹介を始めた。

住宅探しや家づくりでも、LGBTを意識したサービス提案が始まっている。LIFULLが運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME′S」は2月から、住まい探しや家づくりについて専属アドバイザーに無料で相談できる「LIFULL HOME′S 住まいの窓口」で、「LGBTQの方向けマイホーム講座・個別相談」のサービスを始めた。物件種別を問わず相談ができ、法律の専門家との提携により公正証などの書類作成の手続きをサポート。国内不動産ポータルサイトで初めての取り組みという。

サービスでは、住宅購入における基礎知識をはじめ、LGBTQ当事者が直面する法的課題への備え方を講座形式で、一組ごとに相談や質問をしながら、学ぶことができる。受講方法は、ビデオ通話でのオンライン形式と「LIFULL HOME′S 住まいの窓口」各店舗での対面形式を選べる。対象は戸籍上同性の2人で、注文住宅の建築や新築・中古物件の購入等を検討している人。「同性カップルが住宅を購入する際、不動産会社へカミングアウトできずに心理的な不都合が生じたり、長年連れ添っていても相続権や居住権が認められなかったりと、現在も課題は多く存在している」(同社)を踏まえ、サービスを始めた。

昨年、電通が全国6万人を対象に実施した調査によると、LGBTを含む性的少数者の割合は8.9%だった。新たな需要層として、住宅産業でも期待できそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事

2021.11.12

ハウジング・トリビューンVol.630(2021年21号)

自然災害対策の新スタンダード さらに強く、しなやかに

住宅業界のLGBTへの配慮

LGBT総合研究所 森永貴彦 氏 / LGBT 法連合会・NPO法人共生ネット代表理事 原ミナ汰 氏