WAKUWAKU、「リノベ不動産」の流通取引総額を2030年で1兆円に

ブランドアイデンティティを刷新、ブランドパートナー支援の強化も

WAKUWAKUは、既存住宅の物件探しからリノベーション工事までをワンストップサービスで提供するプラットフォーム「リノベ不動産」で、流通取引総額(GMV)を2030年に1兆円に引き上げる方針を掲げた。 同社は「リノベ不動産」の運営や自宅リフォーム・リノベサービスなどを提供するECサイト「HAGS―ハグス―」の運営、業界特化型マーケティングオートメーションの開発など、IT×リアルを融合した中古住宅プ…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.621(2021年11号)

特集:

ストック市場拡大の起爆剤になるか

中古マンションの買取再販市場が拡大している。
「リノベーション」への認知度が高まり、中古住宅の「不安」「汚い」「わからない」といったマイナスイメージが払しょくされ、昨今の新築マンションでは求めにくい、消費者の“値ごろ感”や“住みたいエリア”へのニーズに対応できるためだ。
それに伴い新規参入が後を絶たない。中古マンションの買取再販市場の最前線を追った。

目次を見る

関連記事