【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.646(2022年15・16号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

おうち時間の増加で資格取得に注目

コロナ禍で受験しやすい環境整備も

新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛から、おうち時間が増え、住宅への関心が高まっている。快適な住まいを求めて転居やリフォームを検討したり、リモートワークの普及を背景に多拠点居住を模索したり、住宅産業にとっては絶好のビジネスチャンスだ。

住まい手のニーズが多様化する昨今、住宅需要者への提案は無限にある。そこで重要となるのが、住宅関連の知識を豊富に持つ有資格者の存在だ。

自らインターネットで情報を収集、整理した上で、住宅購入やリフォームをする住まい手が、コロナ禍をきっかけに急増。住まい手の食指を動かすためには、これまで以上に、より専門的な情報を分かりやすく発信するなどの工夫が求められる。

コロナをきっかけに受験方法などを見直す動きもある。例えば、試験の場所や日時を柔軟に選べるCBT方式を導入したり、自宅に居ながら受験勉強ができるe-ラーニング方式を取り入れたりするなど、本業を持ちながら資格取得を目指す人にとっては良好な環境が整いつつある。

知識は身を助く──。住宅関連の資格は、その知識を蓄積する上で、この上ないツールだ。今こそ、有資格者を増やし、他社にはない独自性のある、住まいの提案を住宅需要者にしたいものだ。

関連記事