2021.6.4

2020年度決算 【不動産事業者・建材メーカー編】

【不動産】コロナの影響で減収減益目立つ 堅調な住宅事業が落ち込みをカバー デベロッパー大手5社の2021年3月期の決算が出そろった。新型コロナウイルスの感染拡大による商業施設やホテル事業などの不振から、増収した三井不動産を除き、減収減益となった。 2020年度決算 【住宅・設備編】はこちら 大手5社で唯一、増収となった三井不動産。大きな要因の1つが、国内住宅分譲事業が堅調に推移し、他の事業の落ち込…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

ログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催
プレミアム会員について詳しく

関連記事

2021.7.8

GA technologies、売上高850億円3割増を見込む

不動産テック総合サービスの会員増が売り上げ増の貢献

2021.6.29

ウッドショックが突き付ける課題

住宅業界変革の契機にできるか?