お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2021.3.14

ジャパン建材、オンラインで建材展示即売会を初開催

全国の営業所などリアルとの融合も

3月17日~19日、「ジャパン建材 オンライン展示会」を開催する。オンライン空間の中に、withコロナ時代に対応したコンテンツを充実、メーカー、販売店、工務店などをマッチングし、ビジネスチャンスを生む新しい場所の創出を目指す。

「ジャパン建材 オンライン展示会」特設ページ(https://www.jkenzai.co.jp/event/jkfair/2021/)に、事前ID登録申込フォームを用意した。

「ジャパン建材フェア」は、春と夏の年2回、東京ビッグサイトで開催される住宅業界最大級のイベント。200社超の建材・設備メーカーが一堂に会し、工務店や販売店などを対象に新商品や売れ筋商品などを展示、実演。来場者数は2万人を超える。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、リアルでの開催自粛を余儀なくされたが、「大手住宅建材問屋には、メーカーと販売店、工務店などをつなぎ、ビジネスを支援していくという機能、使命がある。2021年はオンラインでの開催を決断した」(同社・中林洋一推進グループ営業推進部長)。

オンライン技術を活用して創出した3Dの展示会場内に、同社が様々なメーカーとタイアップし提供する自社商品ブランドの「Bulls」や、環境配慮型のエコブランド「J-GREEN」などの商品を展示。また、様々なメーカーが自社ブースを出展し新商品などを紹介する。展示商品の一部には、3D動画やメーカーオリジナルの商品紹介のページにリンクしたタブを付け、より詳しい商品情報を取得できるように工夫を凝らしている。

オンライン展示場やセミナーなど、展示会を体感し、楽しめる豊富なメニューを企画

「オンラインならではの展示会を体感し楽しんでもらえるように3Dであることにこだわった。24時間いつでも来場し情報を収集できる。また、初日は午前9時からだが午前7時30分〜午後9時まではオンライン上で商品の売買も可能で、展示即売会の機能も持たせた」。

オンラインならではのコンテンツも充実させた。住宅業界のトレンド、行政施策、差別化のヒントなどを解説する約40本のウェビナーを用意。うち12本はライブ配信を行う。「本数、内容にもこだわった。移動や場所の制約もないため、オンラインで気軽に視聴してもらいたい」。

また、全国各地から厳選した11社の工務店が手掛けた自慢のモデルハウスを一堂に集めた「オンライン住宅展示場」も見どころの一つだ。オンライン上で、実際のモデルルームを歩くように魅力を体感できる。「複数の工務店が集まることで、オンライン住宅展示場をつくり、集客もしやすくなる。エンドユーザーとのマッチングの機会を創出するコンテンツとして大きなポテンシャルを秘めている」。

そのほか、コロナ禍の影響で関心が高まる「テレワーク」、「リラックス」、「家事」をキーワードに、withコロナの時代に対応した住まい方、暮らし方提案も行う。

オンラインとリアルの融合も

オンライン展示会の開催と同時並行で、建材・設備メーカーのショールームや、全国に100カ所以上ある同社の営業所などのリアルな空間でも、入場者数を制限し、十分に感染対策に配慮した上で、工務店関係者などを招き展示即売会を開催し相乗効果の創出を狙う。

「オンライン展示会は初の試みであるだけに慣れていない方も多い。リアルな会場で、当社のスタッフがタブレットなどを活用してオンライン展示会の楽しみ方をレクチャーする。ショールームや営業所には商品を多数展示しているので販売促進効果も期待できる」。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事