【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

コロナ禍で「既存住宅+リノベ」への関心高まる

新しい生活様式が"自分らしい暮らし"追求の裾野広げる

WAKUWAKUが事業展開する既存住宅リノベーションのプラットフォーム「リノベ不動産」の2020年の流通取引総額が400億円に達した。好調の要因はどこにあるのか──。鎌田友和社長に聞いた。 WAKUWAKU 鎌田友和社長 ──「リノベ不動産」での流通取引総額が2020年に400億円を超えました。 20年12月の流通取引総額43億円超となり、前年同月対比180%成長し、年間流通取引総額では404億円…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事

WAKUWAKU、「リノベ不動産」の流通取引総額を2030年で1兆円に

ブランドアイデンティティを刷新、ブランドパートナー支援の強化も

2021.4.23

WAKUWAKU、「リノベ不動産」の流通取引総額を2030年で1兆円に

ブランドアイデンティティを刷新、ブランドパートナー支援の強化も

2021.3.26

リアルショールームのいま

リフォーム・リノベで存在感強まる