【お知らせ】1月26日午後、google chromeでトップページの記事の一部が表示されない場合がありました。17時45分現在修正済みですが、万が一引き続き表示されない場合はキャッシュのクリアをお試しください。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

2021.2.12

“脱・都心”戸建分譲マーケット

テレワークの普及で活気づく

コロナ禍で住宅市場にも大きな影響がある中、戸建分譲住宅市場が好調だ。特に、東京都心から離れた首都圏の郊外やさらにその先のエリアの分譲マーケットに注目が集まっている。テレワークの普及で通勤時間を考慮する必要性が減ったことで、都心より広い居住環境を確保できるなどの理由で需要がにわかに高まっている。新たな動きとして注目が集まる「脱・都心」戸建分譲マーケット──、その実情と今後の展望に迫る。 コロナ禍で「…


続きを読むには…

この記事は、プレミアム会員限定です。
会員登録をすると読むことができます。

プレミアム会員登録

会員の方はログイン

まだアカウントをお持ちでない方

Housing Tribune Online プレミアム会員に登録すると、次世代の住生活産業を拓く充実のコンテンツが使い放題になります。

  • 1 新しい日常に羅針盤を与える様々な特集記事が読み放題
  • 2 さらに一歩踏み込んだニュース解説やインタビューも
  • 3 知っておくべき重要ニュースを詳しい解説付きで毎週配信
  • 4 記事では伝えきれない情報をオリジナル動画でお伝え
  • 5 住宅産業をとことん深掘りする電子書籍も読める
  • 6 住に関わる幅広いテーマを扱うオフラインセミナーを開催

プレミアム会員について詳しく

関連記事

2022.1.14

【2022年の“注目”住宅マーケット:デジタル田園都市】郊外・地方で開発が加速

郊外・地方でデジタル実装のまちづくりが活発化 政府推進で開発が加速

2022.1.12

【2022年の“注目”住宅マーケット:太陽光発電】ZEH化、TPOモデルが後押しに

戸建分譲、賃貸へも導入が進む ZEH化、TPOモデル登場が後押し

2022.1.11

【2022年の“注目”住宅マーケット:規格型住宅】手間、コストをかけずに新提案

新提案を盛り込んだ規格型住宅が人気 手間をかけず、コストを抑え、合理的に

2022.1.6

【2022年の“注目”住宅マーケット:ZEH】分譲、共同住宅へも広がりが

課題解決が進み市場が拡大 戸建分譲、共同住宅の市場も動き出す