お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2020.12.1

パナソニック、事業者向けの展示会をオンラインで開催

ニューノーマルな暮らし提案を推進

パナソニックは、住宅事業者向けの住宅設備・建材の展示会を初めてオンラインで開催した。展示会を通じ、コロナ禍で求められるニューノーマルな暮らし提案を推進する。


パナソニックは、ハウスメーカーや工務店といった住宅会社向けに、同社の住宅設備・建材を総合的に提案する展示会「くらし体感スクエア」を毎年開催している。暮らし提案や空間展示をまじえて商品を訴求し、住宅会社での採用を促すことが狙いだ。昨年度は東京・大阪の2箇所で実施し約1万5000人が来場した。これまで、リアルな会場で開催してきたが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を考慮し、11月9日〜20日の間、初めてオンラインで開催した。

「くらし体感スクエア」のトップ画面

今回のくらし体感スクエアのテーマは「ニューノーマルの家づくり」とし、パナソニックの住宅設備・建材を導入することで、コロナ禍のニューノーマルな暮らしに対応し、自宅で生き生きと暮らせるようにする提案を行った。

その提案の一つが、ニューノーマルの暮らしを実現する「コンセプトハウス」だ。予防医学研究者博士の石川義樹氏に監修を、トラフ建築設計事務所に設計を、インテリアスタイリストの作原文子氏にスタイリングを依頼し、大阪府門真市にコンセプトハウスを実際に建築。くらし体感スクエアでは、そのコンセプトハウスを動画や360°のバーチャルショウルームなどを通じて紹介した。

コンセプトハウスでは、パナソニックの宅配ボックスを導入し、非接触で宅配便を受け取りたいニーズに対応。玄関を入るとすぐに手洗いができるタッチレス水栓搭載の玄関洗面を導入することで、コロナ禍で高まる清潔需要にも対応するようにした。

また、書斎にはパーツがカスタム可能な有孔化粧ボードを施工し、照明には調色も可能なダウンライトを導入することで、在宅ワークしやすい環境も整える。

さらに、シアタールームを設けることで、家族がおうち時間をくつろいで楽しめるように配慮。トイレには、非接触で用を足せる新商品の「アラウーノL150」を導入し、ウイルス対策を行えるようにしている。

ニューノーマルの暮らしを実現する「コンセプトハウス」

このほかにも、バーチャル空間上でのパナソニックの商材を使ったニューノーマルな暮らしの提案や、新商品紹介コーナー、コロナ禍の暮らし方提案を行なっている全国のショウルームの紹介などを行なっている。

今後、くらし体感スクエアのコンテンツの一部は、パナソニックの事業者向けWebページや、一般向けのウェブページにも掲載していく予定だ。

また、アンケートでオンラインによる開催を評価する声が多かったため、来年度以降、仮にコロナの感染拡大が落ち着いても、リアルでの開催と併せてオンラインでのコンテンツ配信も検討していきたい考えだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事