【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

2020.9.16

在来木造の工業化、そのコストメリットを徹底検証

話題の大型パネルは本当にコストダウンに貢献するのか

工場で製造する大型パネルにより在来木造住宅の工業化を目指すウッドステーション。発足から3年目を迎え、全国でユーザーが拡大しつつある。しかし一方で、「在来プレカットを用いるよりもコストは安いのか」という声も聞かれる。そこで、ウッドステーションの塩地社長はじめ、大型パネルのユーザーであるハウスビルダー、地域工務店、大工の三者に集まってもらい座談会を開催し、大型パネルは在来木造住宅のコストダウンに貢献す…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事