【お知らせ】会員登録された方はブックマークをお使いいただけるようになりました。登録した記事は画面右上にあるしおりのボタンよりご覧いただけます。【お知らせ】プレミアム会員の方はハウジング・トリビューン最新2冊がブラウザでご覧いただけるようになりました。【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.645(2022年14号)好評発売中です。【お知らせ】2022年4月1日施行の改正個人情報保護法を踏まえ、プライバシーポリシーに事業責任者・個人情報保護管理者の名称を追記いたしました。

予想よりも長期にわたり使われる浴室空間 そしてシステムバス

健康と快適を模索する空間、 浴室・トイレ・洗面所(その1)

ホテルの浴室、トイレ、洗面のいわゆる3点セットが米国で確立してから約100年となる※1。米国では寝室の横に設けた浴室等の水回りは、ほぼこの形を踏襲して現代に至っている。しかし、日本においては、戦後米国の影響でホテルのユニットバスとして、こうした空間構成が造られ、一般住宅にも設置が試みられたが普及することはなかった。日本では、戦前から一部の邸宅や農家では湯殿(浴室)が設けられていた。また、トイレは、…


続きを読むには…

この記事は、無料会員向けコンテンツです。
会員登録をすると読むことができます。

会員の方はログイン

関連記事