【お知らせ】 ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)好評発売中です。【お知らせ】現在、創樹社では編集・制作・記者を募集しています。https://www.sohjusha.co.jp/

宅配ボックス フレムス

三協立山・三協アルミ社

シンプルスタイリッシュなデザインの宅配ボックス「フレムス」

敷地、荷物サイズにあわせ自由に選べるラインアップ

宅配ボックス「フレムス」は、住まいの敷地や荷物のサイズにあわせて選べるシンプル&スタイリッシュなデザインが特長の宅配ボックスだ。

埋め込みタイプとポール建てタイプの2タイプをラインアップ、ポール建てタイプはポール埋め込みタイプとポールベースプレートタイプの2つの設置方法から選ぶことができる。

機械式のため電源(電気・電池)が不要で、設置場所を選ばず施工の手間も少なくて済む。

また、1つの荷物に1回限定の捺印機能を内蔵しており、印鑑の紛失やトラブルを防止している。

また、ミドルタイプ、ハーフタイプは、閉じ込め防止機構を標準装備。万が一、子どもが閉じ込められた場合でも内部のレバーに触れると解錠することができ、内部から開けることができる。
表面の操作部に、荷物の状況を分かりやすく表示することができるのも便利な機能。荷物待ち(扉は解錠中)には「受け取りできます」、荷物を受け取った状態(扉は施錠中)では「使用中」と表示される。

フレムス
求めやすい価格の宅配ボックス「フレムス Light」。手摺にも取り付けられ、リフォームも可能

業界最大サイズの「Light」も発売

敷地にあわせて豊富なタイプバリエーションを揃えているのが宅配ボックス「フレムス」の大きな特徴。

「埋め込みタイプ」は、「ミドルタイプ」と「スリムタイプ」を揃え、ミドルタイプは前入れ前出しと、前入れ後出しが選べ、ともに左右開きをラインアップしている。

また、「ポール建てタイプ」は「ミドルタイプ」、「ハーフタイプ」、「スリムタイプ」の3種を揃える。

「ミドルタイプ」は前入れ前出しと前入れ後出し、左右開きが選べる。投函可能サイズは500mm×340mm×350mmで20kgまで。「ハーフタイプ」は前入れ前出し・右開きで、投函サイズは500mm×340mm×150mmで10kgまで、「スリムタイプ」は前入れ前出し・右開きで、投函サイズは500mm×130mm×350mmで10kgまでとなっている。

また、宅配ボックスやポスト、表札などを自由に組み合わせられる機能ポール「フレムス」も展開している。

今年、新たに宅配ボックス「フレムスLight」も発売した。フレムスシリーズの捺印機能や閉じ込め防止などを踏襲しながらも、求めやすい価格とした宅配ボックスだ。

最大の特徴は、業界最大の投函サイズ「ラージタイプ」をラインナップしたこと。投函可能サイズは700mm×310mm×400mmで、25kgまでとなっている。


【お問い合わせ】

三協立山・三協アルミ社
0766-20-2261
https://alumi.st-grp.co.jp/


住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.633(2022年1号)

特集:

閉塞感のその先へ

2022年の幕が上がった。
新型コロナウイルスの感染拡大は沈静化の様相を呈しているが、まだまだ予断は許さない。
脱炭素社会実現に向けた具体的な動きはいよいよ本格化する。
風水害をはじめとする自然災害対策は待ったなしだ。
社会環境の変化のなかで地方活性化の取り組みも活発化し始めている。
2022年は住宅産業のなかでどんなマーケットが拡大し、ビジネスチャンスとなるのか──。

目次を見る

関連記事