お知らせ ◆無料会員の新規登録に不具合が発生する場合がございます。ご登録いただいた後に確認のメールが届いていない場合、お手数をおかけし恐縮ですが再度ご登録の手続きをお願いしております。  ◆ハウジング・トリビューン最新刊Vol.629(2021年20号)好評発売中です   ◆有料会員サービス「Housing Tribune Online Premium」がスタートしました (2021.4)  ◆ハウジング・トリビューンが注目する注目の業務改善ツール 一覧はこちら (2020.10) ◆住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜発売。ご購入・年間定期購読はこちら建材・設備情報サイト「スマテリアル」は福井コンピュータアーキテクトの「3Dカタログ.com」と連携しています(2019.12)

2020.6.1

建材・設備メーカー、オンラインのアプローチを強化

安心、安全を確保し集客、販売拡大

新型コロナウイルス感染拡大の影響で建材・設備メーカーは、オンラインショールームの提案など、非対面型の顧客へのアプローチを強化する。安全・安心を保ちながら、集客、販売拡大に結びつけたい考えだ。

LIXIL は、ショールームの「オンライン接客」サービスを全国でスタートした。360度カメラでショールームを撮影。顧客はオンライン上でショールームに展示されているキッチン、ユニットバスなどの商品を確認できる

LIXILはショールームの「オンライン接客」サービスを全国でスタートした。パソコンやスマートフォンなどを通じて、キッチンやユニットバスなどの商品選定に役立つサービスを提供し、顧客および従業員の安全を保ちながら、住まいづくりをサポートする。また、ショールームから遠く離れた場所に住む顧客もショールームを利用しやすくなる。事前予約により同サービスの提供を受け付け、顧客に送付するメールに沿って、オンラインで顧客とショールームコーディネーターをつなぎ、顧客の要望をヒアリングする。希望商品の動画やデジタルカタログのほか、ショールームに展示している商品を360度写真で確認できる「ショールーム360度展示写真」などを用いて商品説明を行い、さらに要望に沿ったプランの見積、3Dの完成予想イメージを作成まで、すべてオンライン上で対応する。

永大産業は、スマートフォンやパソコンなどの画面上から、ショールーム内部を疑似見学できるサービス「ショールーム360度Web見学」の充実を図る。360度カメラで撮影したショールーム内部の画面を同社のホームページコンテンツとして掲載。顧客は、画面に映し出される矢印に沿って進むことで、ショールームに実際に展示している製品を確認できる。製品をズームアップして確認できる機能も持たせた。同社は2018年7月、梅田ショールームに限定して同サービスを開始した。新型コロナで外出の自粛が求められる中で、20年4月、新宿ショールーム、横浜ショールームの2ヵ所分を加えた。

ウッドワンは、外出自粛要請の中で、在宅勤務を行なう建築業界のプランナー向けに、同社商品のプランニング、見積業務が可能な「オンライン・プランニングツール」を紹介する特別サイトを開設した。同社ホームページから無料で利用できる。建具をはじめ、階段や収納などをカタログなしで簡単に見積もることができる「ラクラクWEB見積」などを紹介している。ヴァーチャル展示会なども含めオンラインによるアプローチが活発化し、他大手メーカーでも開設準備が進むなど業界全体に広がりつつある。オンラインツール自体もさらに進化し、普及が進んでいきそうだ。

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューンVol.631(2021年22号)

特集:

2030年住宅への設置率6割は可能か
初期費用、条件不利地域へのソリューション

国は2030年に住宅での太陽光発電の設置率6割を目標とする考えを示した。
現状の設置率は1~2割とみられ、非常に高い目標と言える。
100万円以上を必要とする「高額な初期費用」や、十分な発電効率を得るのが難しい「条件不利地域」といった課題があるなか、住宅事業者は設置率6割に向けてどのように取り組んでいけば良いのか──。
住宅太陽光発電マーケットの最前線を追う。

目次を見る

関連記事