行政 |  2020.3.11

三大都市圏の関係人口は1000万人超 

非関係人口も3割が地域と繋がりたい

移住や観光以外で特定の地域と継続的な関わりを持つ「関係人口」が、三大都市圏で1000万人超いることが、国土交通省の「地域との関わりについてのアンケート」で分かった。

三大都市圏居住者の日常生活圏、通勤圏以外の地域との関わりの状況

同調査は18歳以上の三大都市圏に居住する人を対象に実施したもの。有効回答数2万8466人から、調査対象地域の18歳以上の人口(約4678 万人)に基づき拡大推計した。

三大都市圏の関係人口の推計を行なったところ、18歳以上の居住者のうち、約2割強にあたる約1080万人が関係人口として日常生活圏、通勤圏等以外の特定の地域を訪問していることが分かった。

その内約を見てみると、地域での飲食や趣味活動を実施(他の活動をしていない)する「趣味・消費型」が約489万人 (10.5%)。地域の人との交流やイベント、体験プログラム等に参加する「参加・交流型」が約272万人(5.8%)。地域でテレワーク・副業の実施、地元企業での労働、農林水産業へ従事する「就労型」が約181万人(3.9%)。産業の創出、地域づくりプロジェクトの企画・運営、協力、地域づくり・ボランティア活動へ参加する「直接寄与型」が約141万人(3.0%)となっている。

一方、特定の地域と関わりのない「非関係人口」の人に対し、居住地等以外への関わりの希望を確認したところ、「訪問・滞在して関わる地域があると良い」と回答した人は約16%。「訪問・滞在はせずに応援できる地域があると良い」と回答した人は約13%であり、居住地以外と何らかの関係を求めている人が約3割いることがわかった。

だが、関係人口の認知度は高くない。関係人口の「定義や考え方などを概ね知っている」と回答した人は2.8%、「言葉は聞いたことがあるが、詳しくはわからない」と回答した人が6.7%にとどまった。


全文を読むにはログインまたは無料会員登録が必要です

Housing Tribune Online無料会員とは?


無料会員登録済の方
新規ユーザー登録
*必須項目

Housing Tribune最新刊

住宅産業総合誌「ハウジング・トリビューン」は隔週金曜日発売。年間購読者には電子版News Report「Housing Tribune Weekly」を配信しています。

ハウジング・トリビューン Vol.605(2020年17号)

特集:

ターニングポイントを迎える防災・減災

国をあげた防災・減災対策の取り組みが加速している。
キーワードは“気候変動×防災”だ。
これまで進めてきたダムや堤防などハードを重視した対策だけでなく、「危ない土地に住まない」、「自然の機能を活用する」など「災害をいなす防災」も重視するスタンスへのシフトである。
各省庁の施策も、自然生態系の活用やグリーンインフラの整備、ハザードエリアの利用規制、流域治水など、これまでとは異なる新たな取り組みが目白押しだ。
猛威を振るう自然災害のなか、まちづくり・家づくりにも新たな対応が求められる。

目次を見る

関連記事

行政 |  2020.7.31

100のスマートシティ形成で東京一極集中是正へ

20年の骨太の方針原案にも反映

オピニオン |  2020.7.22

ポストコロナ時代の住まいと暮らし

Agora 松田智生氏/宗健氏

その他 |  2019.11.6

スピーク 移住の検討、グランピングで“お試し”

千葉県いすみ市と連携し関係人口増加に一役